山岡建築研究所 

一級建築士事務所
 
「自分スタイルの暮らしで心豊かに過ごせるように」
そんな想いをもって活動する設計事務所です

実例紹介

空へ抜ける家「尾崎台の家」

 

某準大手ゼネコンに勤務される施主との共同設計、玄人ならではのこだわりを随所に表現した家です。H型プランの中央に位置する吹き抜けのリビングは南北に大開口をもち、明るさと通風を確保しながら視線が空へと抜けていきます。吹き抜けには寝室と子ども部屋をつなぐブリッジが架かり、手摺の内側には大容量の本棚を造作しました。オープン型のL型キッチン、カップボードの裏側にパントリーを隠しています。子ども部屋は成長に合わせて2部屋に仕切れるように、出入り口のほかTVやLAN配線も2箇所ずつ設置しています。外観はモルタル吹付け仕上げ、玄関の目隠し壁にブルーのアクセントカラーをつけました。門から玄関へはゆったりとした階段でアプローチ、夜間は足元灯の光で演出されます。

DATA

尾崎台の家(千葉県野田市)
木造2階  軸組構法
敷地面積 198.36㎡(60.00坪)
延べ面積 118.82㎡(35.94坪)
平成27年3月竣工
施工 (株)山田建設
写真 大沢誠一